読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家電の女(西山優里子)の感想

女性漫画

Yahooプレミアム会員特典で1巻が期間限定無料だったので読んでみました。

読み始めてすぐに引き込まれましたが徐々についていけなくなり最後は飛ばし飛ばしに。

主人公は大手外資系飲料メーカー「アルマンダコーラ」の宣伝部長を務める豪徳寺美鈴29歳。美人で仕事もでき家電好きという設定は非常に魅力的だった。部下が尾行したら秋葉原に行っていたり、部屋は今まで買ったすべての家電を置いておくために「倉庫」に住んでいるというのも良かった。部下の怒りっぽいイケメン柚木も。

しかし、この美鈴が男性恐怖症であり、男と接すると表面上は格好良くあしらっているが内面では情けないほどビビってるという人物像に魅力が感じられなかった。初めは凄くかっこいい女性と思っていただけに拍子抜けしてしまった感もある。

そしてこの漫画の肝である家電の擬人化(家電がイケメンになって現れる)というのがまったく気持ちに入ってこなかった。ここを魅力と感じるか受けつけないかで決定的に別れると思う。このアイデア自体はすごく良いし絵も十分綺麗なので少し勿体ない気持ちになった。