翔んだカップル(柳沢きみお)の感想

Androidなどの漫画アプリで全巻無料で読めるサービスがあったので久しぶりに全巻読みました。

翔んだカップルは第3回講談社漫画賞少年部門受賞している名作ということもあり読み応えがありました。

この作品で最も印象に残ったのは杉村秋美です。この女性は本当に美しい。私の理想の女性と言えます。よく漫画の美人・ヒロインランキングとかやっており、峰不二子浅倉南メーテル、大崎ナナなどが上位にランクインしていますが私の一押しは杉村秋美です(但し、翔んだカップル21などの続編は除く)。あえていうならメーテル似かな。

主人公の田代勇介はヒロインの山葉圭に思いを残しつつも杉村秋美と付き合います。私は秋美にべた惚れだったので「圭ちゃんのことは忘れろ!秋美と結婚しちまえ!」と思いながら読んでいました。最後は秋美を振って圭ちゃんとくっつくと思っていたので毎巻少し緊張しながら「少しでも長く秋美と一緒にいてくれ」「いい想い出を作ってくれ!」「別れないでくれ~」とビクビクしながらページを送っていました。

秋美がアメリカに留学してしまった時は「あちゃ~」「終わったー」とガッカリしましたが、すぐに帰ってきてまた付き合うようになり結構たっぷりと想い出を作ってくれてどうにか一定の満足感を得ることができました。

最後は予想通り秋美と別れてしまうんですが、一定の満足感は得られたものの杉村秋美ロスというか、「ああ、なんで圭ちゃんを選んでしまったんだぁ」「杉村さんとの恋愛物語が読みたかった」という残念の思いがいっぱいとなりました。

翔んだカップル21でその思いはかなり解消はされるんですが、柳沢さんには杉村さんをヒロインにして初めから描き直して欲しいです。音楽ではカバーソングとか普通に出されるし、漫画をアニメ化、ドラマ化するときは原作とは違ったものが作られたりします。そういうのを嫌う人もいますが、望むユーザーもいるわけであり、いつかユーザーが望むとおりのカスタマイズされた作品ができたらなぁとこの作品を読んで思いました。誰か勇介と秋美の恋愛ものを綺麗な絵で書いて欲しいです。21の絵はお化けみたいで全然ダメだったし。

 

翔んだカップル(1)

翔んだカップル(1)